目のクマのタイプ・原因別解消とスキンケア

目のクマ解消でメイク時短

目の下にあるクマは、顔に大きな影を落としますね。この影をカバーするためにコンシーラーなどのメイクの手間が増えます。手間を削減し、メイクの厚みを薄くするためにも目のクマを解消しましょう。目のクマの要因にはどのようなものがあるのでしょうか。

目のクマの要因

  • 疲労
  • 睡眠不足
  • 血行不良
  • 摩擦・色素沈着
  • しわ・たるみ
  • 眼輪筋筋力低下
  • 冷え性
  • 眼精疲労
  • かぶれ
  • 化粧残り

目のクマのタイプ・原因別解消とスキンケア

基礎化粧品

クマの種類で対処が変わる

クマには種類があります。茶色でくすんだような茶クマ、血色が悪く青みがかった青クマ、影を落とす黒クマです。クマの原因にはそれぞれ違いがあり、目のクマを解消するには、それに合った対処を選ぶことが必要です。どのクマに対してどういった解決方法をとる必要があるのか知ってみましょう。適切な対処をすることで目のクマを解消できます。

茶クマ

くすみや、摩擦での色素沈着が原因なので、美白・ビタミンc誘導体などのスキンケアを行うようにしましょう。目の下、クマの部分に重点的に保湿・美白ケアを行います。40代になるとターンオーバーの期間が長くなるので、効果的に美白とピーリングケアを取り入れてみましょう。目をこする癖がある場合はこすらないように意識してください。

青クマ

血行不良で起きるのが青クマです。目の皮膚は薄いので、血色が悪くなると青くなります。血行をよくするマッサージ・リンパケアなどを取り入れて、血行改善のスキンケアやビタミン・鉄分など食事にも気を付けてみましょう。疲労で血行が悪くなっていることがあるので、温かいタオルで温めたり冷やしたりなどして血行促進してみると良いでしょう。

黒クマ

たるみやしわで出来る影が黒クマの要因です。黒クマの場合は眼輪筋を鍛えて目元のたるみを軽減させたり、むくみを解消するケアを行うのがオススメです。保湿・目の周囲の筋トレ・アンチエイジング・リフトアップ効果のあるコスメを取り入れてみましょう。40代などの年齢に合わせた年齢ケア化粧品を探すのもオススメです。

クマの予防は目の周りのケア

3種類のタイプで対処は異なりますが、基本的には目の筋トレ、ビタミンc誘導体や美白ケア、保湿・温熱マッサージなどの目のケアを取り入れることで解消できます。予防にもつながるので、こまめにスキンケアを取り入れましょう。

広告募集中