アイクリーム利用のメリットと目元のケアとは

アイクリーム利用のメリットと目元のケアとは

クリーム

まぶたと目元のケア

最近の仕事の多くではパソコンや、プライベートではスマホの利用など、目を酷使することが多い現代社会。目は何度も瞬きをすることから、乾燥や疲労がおこりやすい部分でもあります。目の周りの皮膚は薄く、乾燥しやすいため、保湿や適度な油脂で肌を保護するようにケアをしましょう。ケアすることで乾燥しわを予防して、まぶたの痩せや年齢による老化の症状を遅らせる効果があります。

目元

アイクリームの必要性

アイクリームは、乾燥しがちな目元のケアを行う効果があります。目元をケアすることで目の周りやまぶたの老化、しわを予防する効果があります。乾燥で出来るしわや、血行不良やケア不足でのたるみなどを予防できますよ。ウォータープルーフのマスカラや、強めのメイクを落とす際にクレンジングでこすりすぎるなど、目の周りには様々な負荷がかかることがあります。気付いたときのケアが後に張りのある目元を残す結果に繋がるのです。適切なアイケアについて知っておきましょう。

適切なアイケアの順番

クリーム

クレンジング

まぶたの皮膚は薄く、摩擦や力の入れすぎで傷つく恐れがあります。まぶたや目の周りのクレンジングは、メイクのレベルに合わせてクレンジングタイプを選びましょう。ウォータープルーフタイプなどの強いメイクの場合はクレンジングオイルなどでしっかりなじませて流します。メイクが軽く、お湯などでも落ちるタイプであればクレンジングミルクやクレンジングバームなどで落とすのがオススメです。こすらず落とすようにしましょう。

保湿保湿・マッサージ

基本のスキンケア、化粧水導入液や化粧水、美容液などを使って保湿をします。保湿の際に、マッサージを取り入れると血行促進効果があり青クマの防止や解消にも繋がります。力を入れすぎないように注意しながらくるくると指の腹でマッサージをしてみてください。手の熱で化粧水などが肌に入りやすくなる効果も期待できます。

アイクリーム

アイクリームは乳液で閉じる前に行います。アイクリームを適量、手に取りだして薬指を利用して肌に伸ばします。人差し指などは力が入りやすく、摩擦が大きくなる恐れがあります。そのため、薬指を使って優しく塗り広げるようにしましょう。手で温めながら行うことで肌への浸透率も上がります。アイクリームの後、乳液を使って閉じます。アイクリームのケアは化粧直しなどでアイメイクを起こしたときにも利用すると、目元の乾燥をケアすることができます。

広告募集中